Everything is Practice  (すべては練習の中にある)

Everything is Practice (すべては練習の中にある)

これはブラジルの元サッカー選手で、「サッカーの王様(The King of football)」と言われたPele(ペレ※1)の言葉です。

サッカーブラジル代表のエースとして三度、FIFA(Fédération Internationale de Football Association)ワールドカップ優勝(1958年スウェーデン大会・1962年チリ大会・1966年イングランド大会・1970年メキシコ大会の4つのワールドカップに出場)。16歳のデビュー(17歳でW杯出場)から1977年に引退するまで、通算1363試合に出場し1281得点を記録しました。

171センチと小柄ながらも、身体能力では、「これ以上の肉体は考えられない」と専門家に言われたほどでしたが、「Everything is Practice(すべては練習の中にある)」にあるように、持って生まれた突出した神レベルの能力に加え、血のにじむような努力をしたことは間違いないと思います。

※1:1940年ブラジル生まれ。本名は、エジソン・アランテス・ド・ナシメントEdison Arantes do Nascimento。「ペレ」は愛称で、プロのサッカー選手であった父の所属していたサッカークラブ、ヴァスコ・デ・サンロレンソのGKの「ビレ (Bilé) 」のファンであったことに由来している。アフリカ系のブラジル人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする