Post一覧

基督の柵

茶韻十二ヶ月板画柵 十二月「基督の柵」 棟方志功 昭和31年 日本民藝館蔵 ←画像をクリックすると拡大します。 二菩薩釈迦十大弟子

ライフイベントストレス

ライフイベントストレス ストレスは苦痛や苦悩を意味するdistressが短くなった言葉です。 一般に、精神の緊張・心労・苦痛・寒さ・暑さなどの刺激(ストレッサー)が原因で引き起こされる身体の変化で、...

Gifts さまざまな賜物(多様性)

Gifts さまざまな賜物(多様性)が必要である ▶ローマの信徒への手紙12:4~7a というのは、わたしたちの一つの体は多くの部分から成り立っていても、すべての部分が同じ働きをしていないように、わ...

試練

試練 聖書に登場する回数等(新約聖書のみに登場し、旧約聖書には登場しない) 試練は言葉で20回、聖句で18聖句、新約聖書に登場する。 ・1回:使徒言行録20:19、コリントの信徒への手紙一10:...

三千、四千、五千、七千、・・・人

✞三千、四千、五千、七千、・・・人 聖書(新約)には、次の数字の人々が登場します。 聖書のどこに登場するか、答えられますか??? ❶❸❺❻❽の聖句(箇所)が分かる方は、かなり聖書を読まれている方です...

聖霊から御言葉を語ることを禁じられる

聖霊から御言葉を語ることを禁じられる 使徒言行録16:6~10 さて、彼らはアジア州で御言葉を語ることを聖霊から禁じられたので、フリギア・ガラテヤ地方を通って行った。ミシア地方の近くまで行き、ビティ...

聖霊・霊・神の霊/弁護者

✞聖霊・霊・神の霊/弁護者 聖霊は、すべての信者のそば(傍)に寄り添い、私たち(彼ら)が証し(→神の言葉にある永遠の真理を伝えること)をする際に力づけ、導いてくださる。 聖霊は、私たちの傍(かたわ...

失われた十部族?

イスラエル十二部族(失われた十部族?) BC1900年頃、イスラエル人の父祖で、ヤコブという人がいた。ヤコブは後に自分の名を「イスラエル」と改めた。彼の子孫がイスラエル民族と呼ばれる(創世記32:2...

022 最初の弟子たち

022 最初の弟子たち(ヨハネによる福音書1:35~51) ▶アンデレとヨハネ 35その翌日(→審問の日から3日目)、また、(バプテスマの)ヨハネは二人の弟子(ヨハネとアンデレ)と一緒にいた。 →...

パウロの祈り

パウロの祈り Keyword:神:37、愛:16、父:20、主、共に:18、イエス・キリスト:23、恵み:27、平和:20、 心:8、キリスト:6、栄光、憐み:4、聖なる者:5、希望、喜び:3、信仰...

主の祈り

主の祈り 天にまします 我らの父よ、 願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。 御国(みくに)を来たらせたまえ。 御心(みこころ)の天になるごとく、地にもなさせたまえ。 我らの日用の糧(かて...

田中角栄

田中角栄 貧しい人々にはふるまい与え/その善い業は永遠に堪える。彼の角は高く上げられて、栄光に輝く(詩編112:9)。 どのような人にも、過ち(罪)はあります。 でも、なぜかこの人だけは気...

人里離れた所

人里離れた所 仕事の生産性を上げるためには、適切なタイミングで休息を取ることは重要です。 集中力が持続する時間(リズム)は約45分(学校の授業時間)、最長でも90分程度(大学の講義時間)と言われ、...

摂理 Providence

摂理 Providence 人類の歴史や人生の出来事(諸事)は、すべて神の深い配慮(→摂理)によって、神の御旨(みむね、御心)を成し遂げるために起きている(神がすべてのことを完全に支配しておられる)...

執り成しの祈り

執り成しの祈り モーセはイスラエルの民を滅ぼさないでくださいと執り成しの祈りをしました。 わたし(→モーセ)はひれ伏して、主に祈って言った。 「主なる神よ。あなたが大いなる御業をもって救い出し、力強...

世間の人間を見て、最も驚くことは

世間の人間を見て、最も驚くことは ダライ・ラマ14世 「金を稼ぐために健康を害し、 ◆今度は病を治すために、稼いだ金を使う。 ◆将来の心配ばかりして、現在を楽しむことをしない。 ◆その結果、人々は現...

サマリア人

サマリア人 サマリア(Samaria)は、パレスチナ中央部の地域名で、北にガリラヤ、南にユダヤが接する。「列王記」によると、サマリアという名前は昔この辺の土地を持っていた地主「シェメル/セメルShe...

改革の時が来ている

改革の時が来ている。 ▶列王記下18:20 ただ舌先だけの言葉が戦略であり戦力であると言うのか。今お前は誰を頼みにしてわたしに刃向かうのか。 ▶イザヤ書8:10 戦略を練るがよい、だが...

いちじくの木の下

✞いちじく(無花果)の木の下 聖書に「いちじくの木の下」という言葉は4回登場します。 列王記上5:5「ダンからベエル・シェバに至るまで」は、「イスラエル」を表す定型句(ダンが北端、ベエル・シェバ...

イエスにつながる

✞イエスにつながる ヨハネによる福音書15:5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。 人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離...

正常性バイアス

人間には何かが起こるたびにいちいち敏感になっていると精神的に疲れてしまうので、そのようなストレスを回避するために「自分は大丈夫」と思い込む、“脳”の働き、“心”の平安を守る作用が備わっています。

021 世の罪を取り除く神の小羊

021 世の罪を取り除く神の小羊(ヨハネによる福音書1:19~34) →マタイ3:1~12、マルコ1:2~8、ルカ3:15~17 洗礼者ヨハネの証し 19さて、ヨハネの証しはこうである。エルサレム...

最高法院 サンヘドリン

最高法院 サンヘドリン sanhedrin ローマ帝国支配下のユダヤにおける最高裁判権を持った宗教的・政治的自治組織(ユダヤ議会)、最高律法教育機関でエルサレム神殿内に置かれた。 メンバーは、71人...