聖書の学び(聖書研究)

書の学び(聖書研究) →書の学び()()

聖書には、「旧約聖書」と「新約聖書」があります。

旧約聖書は大小39の書から構成されています。そのほぼ半分は古代イスラエルの先祖たちの物語や王国の歴史記述であり、それに預言者たちの言葉やイスラエルの民が詠った詩歌が、さらに短編小説を思わせる物語や人生を省察した作品などが加わっています。

また、新約聖書はキリスト教会内で成立した書物でした。そこには、イエス・キリストの言行を伝える福音書、初代キリスト教の宣教(伝道)の記録、キリスト教をローマ世界に伝えたパウロの書簡など、キリスト教が確立していく過程で記された27の書物が収められています。

read more

◆重要聖句:悔い改め

****************************************

001 聖書 Bible
002 聖書の分類等
003 「旧約」の神と「新約」の神
004 聖書は写本で伝えられた
005 民衆の聖書となる現代語への翻訳
006 士 師
007 契 約
008 ダビデ
009 ダビデの逃避行
010 旧約聖書に預言されたキリスト

****************************************

*** 信仰の父と呼ばれるアブラハム Abraham(=アブラム)について、聖書はどのように記しているか、すべてを確認してみましょう。→ アブラム・アブラハム

㊟001~:すべてのページ数はつながっていません。
㊟当該資料は、あくまでもキリスト(聖書)を学んでいる個人が聖書を学ぶ上で作成したもので、掲載されている図等の出所(出典)箇所の記載がない場合があります。

****************************************

創世記(約85700文字)に出現する単語の中から・・・特徴的な単語を選び出し、図示しています。単語の大きさはどれだけ特徴的であるかを表しており、色は品詞を表しています。


上記データは、AI(artificial intelligence:人工知能)「テキストマイニング」という方法で分析したものです。これは、文章を単語や文節、あるいは形態素といわれる品詞など「言語上、意味のある最小単位」で区切ることで、出現頻度、語句の相関関係など、隠れた情報や有用な知見を探し出す(mining:採掘)解析方法のことです。テキストマイニングツールをすることによって大量のテキストを数値で可視化することが可能になります。
なお、上記データは、下記のソフトおよびシステムにより、作成しています。
1.聖書 Navi Active 2.ユーザーローカル テキストマイニングツール

かつて書かれた事柄は、すべてわたしたちを教え導くためのものです。それでわたしたちは、聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです。(ローマの信徒への手紙15章04節)

◆原 初 史:天地創造、エデンの園、カインとアベル、ノアの洪水、バベルの塔の各物語

read more

****************************************

011 イエス時代の背景
012 イエス・キリストは何者(どういう人)か
013 イエスの時代の「ユダヤ教の四学派」
014 イエスの母と兄弟
015 JJとSDG
016 エルサレム会議
017 黙示録7つの教会
018 パウロ
019 ディアドコイの争い
020 パウロ書簡

*** 聖書に記された「地震」の記述:地震

*** 聖書に記された「主の日」の記述:主の日

*** 聖書に記された「一つに/一致」の記述:一つに/一致

****************************************

過越祭・除酵祭・キリストの磔刑

****************************************

出エジプト(約65700文字):AIによる解析

AI「テキストマイニング」は、下記のソフトおよびシステムにより、作成しています。
1.聖書 Navi Active 2.ユーザーローカル テキストマイニングツール
◆暗唱聖句:出エジプト記
◆重要聖句:驕り おごり
****************************************
*** 重要聖句:神は造られた

*** 重要聖句:主は造られた

****************************************