あたりまえ

「あたりまえ」 井村和清「飛鳥へ そしてまだ見ぬ子へ」より

こんなすばらしいことを、
みんなはなぜよろこばないのでしょう。

あたりまえであることを。
お父さんがいる。お母さんがいる。

手が二本あって、足が二本ある。
行きたいところへ自分で歩いて行ける。
手を伸ばせばなんでもとれる。
音がきこえて声がでる。

こんなしあわせはあるでしょうか。

しかし、だれもそれをよろばない。
あたりまえだ、と笑ってすます。

食事がたべられる。
夜になるとちゃんと眠れ、そして、また、朝がくる。
空気をむねいっぱいにすえる。

笑える、泣ける、叫ぶこともできる。
走り回れる、
みんなあたりまえのこと。

こんなすばらしいことを、
みんなは決してよろこばない。

そのありがたさを知っているのは、それをなくした人たちだけ。

なぜでしょう。あたりまえ。

人は大切なものを失って、初めてなくしたものの大切さ、自分の愚かさに気付くのです。
なぜ、同じ過ちを繰り返すのでしょう。