三田市の由来

三田市の由来
兵庫県の南東部にある三田の地は、千三百年余り昔、屋敷町に創建された「金心寺(こんしんじ)」(現、三田市天神3丁目28−45)の門前町として栄えました。
金心寺には弥勒仏、薬師仏が祀られていました。その弥勒仏の修理の際、胎内に、「当地を松山の庄という。これを金心寺三福田と改む。(当地は松山庄と言うが、これを金心寺三福田により三田と改める)」と記されているのが見つかりました。

仏教の開祖、釈迦は、親切にすべき相手を三つの田圃(田んぼ)に例えて教えています。これを三福田(さんふくでん)といいます。

その三福田とは ①悲田(ひでん、困っている人)、②恩田(おんでん、恩人)、③敬田(きょうでん、尊敬するに値する人)の三つを言います。

この三福田が「三田(さんだ)」の地名の由来となったとされています。

地図:三田市役所