聖書の宇宙観

聖書の宇宙観

当時のユダヤ人は、世界は「天」「地」「地下」からなるとされていました。

図(日本語説明文は除く):山崎ランサム和彦氏ブログ「鏡を通して

※1:「マイム・マイム」(Mayim Mayim)という歌がありますが、これは開拓地で水を掘り当てて人々が喜ぶ様子を歌ったイスラエルの歌です。
そういえば、昔、みんなで、フォークダンスやキャンプファイヤーで「マイム・マイム・マイム・マイム・マイム・ベッサッソン」(?)の掛け声(?)でフォークダンスをよくやりました(^m^ )。

初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。 (創世記1章1~2節)