<お知らせ>
今回より、「イエスの生涯」全250+α回シリーズ(時系列版)がスタートします。
聖書「マタイによる福音書」「マルコによる福音書」「ルカによる福音書」「ヨハネによる福音書」を中心に、イエス・キリストの全生涯を時系列に追いかけます。
イエスの生涯を通して、いろいろな発見、いろいろな学びがあると思います。また、地図等のデータをふんだんに取り入れ、初心者の方にも分かりやすく構成されています。
なお、発信(不定期)は、PDF文書に作成したものを中心に行います(ダウンロード可)。
ぜひ、ご期待ください。


マタイによる福音書(AIテキスト・マイニング結果)約55,330文字

イエス:342回登場する(イエスはマタイによる福音書に342回登場する)

▶スコア順:単語の「重要度」を表す値順で、スコアが高い単語は、そのテキストを特徴づける単語です。

「スコア」について
スコアは、その単語の「重要度」を表す値です。以下で、スコアがなぜ必要なのかと、その算出方法についてご紹介します。
一般的な文書では、単語の出現回数だけでいえば「今日」や「思う」「ある」などといった、”ごく一般的な単語”が何度も出現してしまいます。ただ、このような単語は、どういった文書にも出現する単語であるため、たとえ出現回数が多いとしても、意味が薄い、あまり重要ではない単語といえます。単純に回数だけをランキング化しても、一般的な語が混じってしまいその文章の特徴をつかむことができません。
この問題を解決するため、テキストマイニングでは、「一般的な文書でよく出る単語は、重要ではないため、重み付けを軽くする」、いっぽう「一般的な文書ではあまり出現しないけれど、調査対象の文書だけによく出現する単語は重視する」仕組みを取り入れています。
こういった特徴語を抽出するためのロジックとして、一般的にTF-IDF法という統計処理をします。→参考URL https://ja.wikipedia.org/wiki/Tf-idf
この手法によって、出現回数だけでなく、重要度を加味した値が「スコア」です。スコアが高い単語は、そのテキストを特徴づける単語であるといえます。

出典・参考:※ユーザーローカル テキストマイニングツール(http://textmining.userlocal.jp/)

▶出現頻度順:文章中に出現する単語の頻出度を表にしています。

※上記の聖句は、聖書研究ソフト「聖書Navi Active」により検索、抽出しています。
※ユーザーローカル テキストマイニングツール(http://textmining.userlocal.jp/)による分析をしています(以下同じ)。

<お知らせ>
今回より、「イエスの生涯」全250回シリーズ(時系列版)がスタートします。
聖書「マタイによる福音書」「マルコによる福音書」「ルカによる福音書」「ヨハネによる福音書」を中心に、イエス・キリストの全生涯を時系列に追いかけます。
イエスの生涯を通して、いろいろな発見、いろいろな学びがあると思います。また、地図等のデータをふんだんに取り入れ、初心者の方にも分かりやすく構成されています。
ぜひ、ご期待ください。
なお、発信(不定期)は、PDF文書に作成したものを中心に行います(ダウンロード可)。

四福音書AIテキスト・マイニングデータ