救いの三段階

<1>義 認
義認とは、信仰により神との関係が正され、罪を赦されることで、福音を受け入れた瞬間に起こります。
※上記の聖句は、聖書研究ソフト「聖書Navi Active」により検索、抽出しています。

[補足] エフェソの信徒への手紙2:10
なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

[参考] 福音の三要素
1.キリストが私たちの罪のために十字架で死なれたこと、
2.死んで墓に葬られたこと、
3.3日目に復活されたこと。
→ローマの信徒への手紙1:17
福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。
→コロサイの信徒への手紙1:23
ただ、揺るぐことなく信仰に踏みとどまり、あなたがたが聞いた福音の希望から離れてはなりません。この福音は、世界中至るところの人々に宣べ伝えられており、わたしパウロは、それに仕える者とされました。

※福音:ギリシア語「euaggelion」(→エウアンゲリオン=「eu(よい) + aggelion(知らせ)」)=「よい音信good news」=イエス・キリストによってもたらされた人類の救いと神の国に関する喜ばしい教え。